50代でもネットで稼げるのか検証ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でもネットで稼げるのか検証ブログ

リストラ寸前おやじが、ネットの世界でもリストラされるのか検証してみます!

無料の高機能エディター「Adobe Brackets」

f:id:jr0704japan:20170524144710j:plain

私の場合、間違いばかりだったHTML、CSSやソースの書き方など、ほんの少しのミスに気付かずに、もの凄く時間を浪費することが多々ありました。

そこで、WordPressのテーマでsimplicityの作者である、わいひらさんに教えて頂いたのが、このAdobeからリリースされているオープンソースのエディター、Adobe Bracketsです。

こちらのインストール方法などを紹介したいと思います。

 Bracketsの簡単な説明

Bracketsは、アドビ システムズが公開している、オープンソースコードエディターです。

なんと全て、htmlで作成されていて、WindowsMacなどで利用できます。

その確認方法なのですが

デバッグ→開発者ツールを表示をクリックすると、なにやら見慣れた画面が出てきて、本当にhtmlで作成されているというのが、わかります。

ですから、デザインのカスタマイズなども出来てしまうのです。

シンタックスハイライト機能もついているテキストエディターです。

シンタックスハイライトとは、コードが文法によって色分け表示されることをいいます。

カスタマイズ機能も凄くて、様々な拡張機能が数多く開発されています。

プログラマーAdobeの製品ですから、デザイナー関係の方も使われている高機能なエディタです。

しかも全てが無料で、インストールした時から日本語対応になっています。

Bracketsのインストール方法

インストールですが、Bracketsのサイトからファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをクリックします。

Nextをクリックして、出来たメニューにあるBracketsのアイコンをクリックすると

Bracketsのアイコンは、こんなのです。

起動させると、最初はindex.htmlが立ちあがっていて、Bracketsの説明が書いてあります。

この説明文も、のちほど紹介するライブプレビュー機能を使うと、普通の文章として読むことが簡単に出来てしまいます。

他のアドビ製品と同じように、最初から日本語対応となっているのは、とてもありがたいですね。日本語対応パッチとかあてないとけいないソフトがまだまだ多い中、嬉しい配慮です。

テーマの選択について

Bracketsのテーマは、Brackets Themesから、テーマのスクリーンショットを見ながら、自分の良いと思ったものを見つけてみましょう。

Brackets Themes
Brackets Themes: A collection of Brackets editor themes

色々なテーマが、視覚的に見えるので選択しやすいです。

私の場合には、デォフルトの表示だと、背景が白っぽくて目に優しくないので、黒い背景のMonokai durk stormを選択しました。

テーマの変更方法

テーマの変更ですが、

① 右側の拡張機能マネージャーをクリックします。 

②テーマをクリックします。

テーマ選択で、選んでいたMonokai durk stormを検索の所に入力するのですが、monoまで入力した時点で、出てきましたので選択して、インストールのボタンをクリックします。

インストールが終了したら、表示の中から、テーマをクリックします。

 

右側のプルダウンメニューをクリックします。
 ダウンロードしたテーマをクリックします。

完了クリックします。

すぐに、画面が変更されます。

色を自由に選択出来る

CSSなどの、この色はなんなんだろうと、いう時にカラーコードの部分を左クリックすると色が表示されます。これは便利ですね!

そして、今度は右クリックするとクイック編集というのが出てきます。

そうすると、カラーツールが表示されて自由に色の選択が出来るのです。

今まで、他のサイトを見て色番号とか見てカラーコードをコビーしたりして決めたりしてましたけど、その必要がなくなりました。

ブラウザで確認 ライブプレビュー機能

コードを書いていて、ブラウザですぐに確認することも出来る機能がついてます。

右側の「ライププレビュー」  ボタンをクリックすると、Chromeが別画面で立ちあがってすぐに確認できます。

いちいち、保存してから他のブラウザで確認とかしなくても良いのです。

色とかも、確認出来るので便利です。

文字内の画像をみれる ホバービュー

画像ファイルの書かれている文字の上にマウスカーソルを合わせると、画像が見れます。

これは、なんの画像なんだろう、とかいう時に編集を切り替えなくて良いので便利ですね。

記事が長くなると、どこら辺を編集してるのか、わからなくなるのですが、ライブプレビュー画面を表示させておいてから確認すると、編集する位置がわかりやすくなりました。

拡張機能のインストール方法は

① 右側の拡張機能マネージャー」  をクリックします。 

入手可能」 という拡張機能のボタンをクリックします。

③ 「検索」窓に拡張機能の名前を入力します。

④ 目的の拡張機能が表示されたら、インストールをクリックですぐに使用可能となります。

拡張機能については600以上もあり、いくらでも機能の拡充が出来ます。

これについては、わいひらさんの以下の記事を参考にして下さい。

私も、推奨の拡張機能を全て入れております。

WordPress開発が捗りそうなBracketsおすすめ拡張40個まとめ
Adobe製エディター「Brackets」のWordpress向けお薦め拡張機能についてまとめてみました。Bracketsは、Sublime Textより、手軽に拡張(パッケージ)を試すことができるようになっています。

シンタックスエディタならでは

今回、実際にこの記事で、拡張機能マネージャーのインストール部分の表示が、何度WordPressのプレビュー画面で見ても、パラバラになっていて何が悪いのか分かりませんでした。

WordPressテキストエディタでは、色が一色なので見分けがつきにくいです。

そこで、テキストをBracketsに貼り付けて、見てみました。すると、

<div class=”blog-card-hatebu”>と、いう文字が到る所にありました^^;

思い当たるフシは、Brackets Themesのブログカードが上手く表示されなかったので、何度もurlを貼り付けた記憶があります。その記述が邪魔をしていたのです。

今回、Bracketsで見ると、色がついているので一目瞭然でした。インストールして直ぐに活用出来たのは大変助かりました。

間違いを指摘してくれる

実際に使用してみて、わかった点は、間違った記述をしているとピンク色になって指摘してくれることです。

正しいコードは、エディタが教えてくれるのですから、これは、便利ですね!

 

まとめ

Bracketsシンタックス機能があって、コードのヒント機能などもあり入力の手間を随分と軽減してくれるようになっています。

プロの方やデザイナーの方も使用されており、私のように、確認してみたいとか、間違えを探したいとか、HTMLやCSSをちょっとだけ変更してみたいなあ、というレベルの人でも簡単に利用出来る、とても良いエディタだと思います。

実は、もっと様々な機能がついているのですが、私としては自分で実際に使ってみてから、良い点があったら、随時追加していこうと思います。

 

追記

はてなブログのHTML編集の画面も、わかりにくくて場所を探すのが大変です。

これも、Bracketsに貼り付けて修正して、またコピぺとかしてますけど、本当はFTPソフトを使って、サーバーにアップロードするのが良いのだと思います。

それについては、また勉強してやりたいですが、じじいには難しすぎる(;_;)/~~~

はてなブログテーマ Innocentのカスタマイズ

f:id:jr0704japan:20170522163509j:plain

すこし、ググッテみると今現在使用している、テーマ

Brooklynは、なんと一番人気で沢山の人が使っているらしい。

 

ただ、自分の場合スマホでの表示がどうも、違って見えるので変えようかと。

作者の人にメールしても返事もないので。

 

また、テーマを変える時に、何処を消せば良いか、わかるようにメモ記事作成しておきます。

 

新しいテーマは、Innocent

 管理画面→デザイン→「テーマストアでテーマを探す」→「Innocent」を選択プレビューしてインストー

 

前のテーマのBrooklynのグローバルメニュへー用のcssを削除

デザイン→カスタマイズ→ヘッドの中のcssを削除

 

ナビゲーションバーの設置から

作者の半月さんの、この記事でナビゲーションバーを設置しようとしたのですが

pc版は、またcssを書き変えないといけないようでした。

 

moonnote.hateblo.jp

 

まずは、以下をフッターにコピーしました。

 

<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js"></script>
<script>
    (function($) {
        $(".menu-toggle").on("click", function() {
            $(".main-navigation").toggleClass("toggled");
        });
    })(jQuery);
</script>

以下をヘッダーにコヒー

こちらは、半月さんの所にあったサンプルhtmlです。

<nav class="main-navigation">
    <div class="menu-toggle">メニュー</div>
    <div class="main-navigation-inner">
        <ul>
            <li><a href="#">ホーム</a></li>
            <li><a href="#">プロフィール</a></li>
            <li><a href="#">アーカイブ</a></li>
            <li>
                <a href="#" class="has-child">カテゴリー</a>
                <ul>
                    <li><a href="#">子カテゴリ1</a></li>
                    <li><a href="#">子カテゴリ2</a></li>
                </ul>
            </li>
            <li><a href="#">リンク</a></li>
        </ul>
    </div>
</nav>
<nav class="main-navigation">
<div class="menu-toggle">メニュー</div>
<div class="main-navigation-inner">
<ul>
<li><a href="#">ブログ</a></li>
<li><a href="#">楽天モバイル乗換編</a></li>
<li><a href="#">WordPress</a></li>
<li><a href="#">アフィリエイト</a></li>
<li><a href="#">ポイントサイト</a></li>
       <li><a href="#">サーバー設定編</a></li>
</ul>
</li>
</ul>
</div>
</nav>

でも、何をしたのか、間違っているようで間隔がおかしいです。

そのうちに、直します。時間かかりすぎ。

 

スマホ版のカテゴリーは

こちらの記事はスマホ版の設定が簡単に出来る優れものです。

グローバルメニューのカスタマイズは、いちいちhtmlを入力して作成するのが面倒だったので、以下の記事内のcssをデザインのヘッダーにコピぺしたら、勝手に出来てました。

 

ただ、pc版は、やはり自分用に書き換えてコピーしないといけないようで、作者さんのページのcssを書き変えました。

 

とてつもなく便利で簡単で手間いらずで、とてもよかったです。

shunさん、ありがとうございました。

 

www.ituore.com

 

設定→詳細設定→検索エンジン最適化→headに要素を追加

 

<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.4.0/css/font-awesome.min.css">

引用させて貰ってます。

 

デザイン→スマートフォン→ヘッダ→タイトル下

引用

<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
$(function() {
  console.log($);
  var categories;
  $.get("/categories").done(
    function(data) {
      categories = $(data).find(".entry-content ul li a");
      console.log(categories);
      categories.each(function() {
        var categoryUrl = $(this).attr("href");
        var categoryText = $(this).text();
        $("<option></option>", {
          "value": categoryUrl,
          "text": categoryText
        }).appendTo(".categories-menu select");
      });
    }
  );
  $(".categories-menu select").change(function() {
    window.location = $(this).find("option:selected").val();
  });
});
</script>

<!-- カテゴリ一覧用のHTML -->
<div class="categories-menu">
<select>
<option value="hide">--Category--</option>
</select>
<i class="fa fa-angle-down" aria-hidden="true"></i>
</div>

<!-- カテゴリ一覧のデザイン -->
<style type="text/css">
.categories-menu {
    position:relative;
    margin:3px;
    overflow: hidden;
    border:1px solid #333;
}
.categories-menu select{
    -webkit-appearance: none;
    -moz-appearance: none;
    appearance: none;
    background:none;
    border-radius:0;
    display:block;
    width:150%;
    padding: 0.5em 1em;
    margin:0;
    border:0;
    outline:none;
    font-size:16px;
    line-height:1.5;
}
.categories-menu .fa-angle-down {
    position:absolute;
    top:0;
    right:0;
    display:block;
    padding:0.5em 1em;
    font-size:20px;
    font-weight:bold;
    pointer-events: none;
    border-left: 1px solid #333;
}
</style>

                                引用終わり

 こちらも引用させて貰ってます。"で囲むと、つぶれて表示されてしまうので、引用の文字で囲みました^^;

 

トップページに記事一覧の表示

 たまに毒を吐く さんのこの記事を参考にしてやりました。

dokuwohaku.hateblo.jp

 

 管理画面→設定→詳細設定 の中の「headに要素を追加」

赤い文字の3箇所を自分のブログのurlに書き換えます。

間違えると、私みたいに、たまにどくをはくさんのページに飛んでしまいます(笑)

<script type="text/javascript">
  if( location.href == 'http://dokuwohaku.hateblo.jp/'){
  location.href='http://dokuwohaku.hateblo.jp/archive';
}
</script>
<noscript>
<p><a href="http://dokuwohaku.hateblo.jp/archive">広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ</a></p>
</noscript>

記事一覧から邪魔なものを非表示にして調整

これいいですね。随分と一記事毎の縦の幅が短くなって記事一覧がずらっと縦並びになります。

 

デザイン→カスタマイズ→デザインCSS


/*アーカイブ*/
.archive-entries .categories a {
display:none;
}
.archive-entries .hatena-star-star-container{
display:none;
}
.page-archive .archive-entry-body {
margin-top: 0px;
}
.page-archive .entry-thumb {
margin: 0px 26px 0px 0;
}

.entry, .page-archive .archive-entry {

margin-bottom: 20px;
padding-bottom: 20px;
}

パンくずリストの設置 

パンくずが、何なのかまだ勉強してないので、良くわからないのですが何やら、グーグルから検索された時に、良いみたいです。

 

f:id:jr0704japan:20170523102959p:plain

 

私の場合には、カテゴリーの下に孫カテゴリーって、いうんですか、まあ、それよりしたには、何もカテゴリーがないので、アフィリエイトしか表示されていない。

 

あっ、やばい   アフィエイトになっている。

直しましたけど、検索しても治ってない。まっ、いいか ( ´艸`)ムププ

 

パンくずリストの一個目までが、グーグルに認識されるようで、1週間熟成させるとグーグルからカテゴリーを認識して貰えるようになるようです。

池田仮名さん、ありがとうございます。

 

bulldra.hatenablog.com

 

デザイン画面のフッタに以下のスクリプトを配置します。

引用させて貰ってます。

<!-- CopyRight http://bulldra.http://bulldra.hatenablog.com -->
<script src="https://www.google.com/jsapi"></script>
<script src="http://bulldra.github.io/commons.js" charset="utf-8"></script>
<script src="http://bulldra.github.io/breadcrumb.js" charset="utf-8"></script>

 

管理画面→デザイン→カスタマイズ→記事下に以下を貼り付けました。

コードを引用させて貰ってます。

<style>
div #breadcrumb div {
    display: inline;
    font-size: 13px;
}
</style>
<div id="breadcrumb"></div>

 

上記の訂正を作者の方が言われてました。

moonnote.hateblo.jp

 

カテゴリーとカテゴリーの間に挿入される > が全て最後のカテゴリーの後ろに表示されるという問題を修正するには、以下のコードをデザインCSS欄に追記して下さい。

 

デザインcssに追加して下さい、とのことでコピーしておきました。

.categories a{
    display: inline-block;
    float: none;
    margin-right: 0;
}

 

さらに、色々とボタンやら設置出来るようなのですが、頭がウニになりそうなのとやったことを全部忘れそうなので、メモにしてます。

 

さらなる、カスタマイズをしようとしたのですけれども、時間かかりすぎ。

まあ、少しずつですね!

 

けど、カスタマイズは面白いけれども、一旦変になると何処をいじっていいのかわからなくなるのが、シロウトのおつさんの悲しいサガであります。

 

 

カエレバの登録と商品紹介の方法

もしもアフィリエイトの楽天・Amazonの連携方法

商品を紹介する場合、楽天とアマゾンの両方で一度に紹介出来たら便利だと思いませんか?

楽天ポイントを貯めている人は楽天で買い物のがしたいですし、Amazon会員の人はAmazonで買い物がしたいですよね。

そこで、利用者のニーズを考えて、もしもアフィリエイトカエレバに登録をしてみました。

その紹介をしたいと思います。

もしもアフィリエイト楽天・マアゾンの連携方法

もしもアフィリエイトに登録したら、ログインしてください。

ログインしたら、中心付近の「かんたんリンク」という部分をクリックします。

「かんたんリンクを使ってみる」  をクリックします。

楽天とアマゾンを別々に申請します。

楽天の申請を先にすると、アマゾンを申請する時には プルダウンメニューで楽天で申請したサイト名が出てくるので、そちらをクリックします。

楽天のほうで、「提携申請をする」をクリックします。

サイト追加に記載する内容

サイト名         申請するサイト名です

サイトのURL       申請するサイトのアドレスです

カテゴリを選択      右端の▼をクリックして選択

月間ページビュー数を選択 右端の▼をクリックして選択

おすすめプロモーションにチェック(最初からチェックついてます)

間違いないことを確認して、下の「登録内容を確認する」をクリックして下さい。

「登録内容を確認する」 をクリックするとサイト一覧が表示されます。

Googleサーチコンソールを設定されている方は、「Sign in with Googleをクリック

Googleサーチコンソールの画面で、連携を承認しますか、と出るので承認をクリック

すると、下記のようにSign in with Google の下に連携承認済みと表示されます。

簡単リンクに戻って確認

簡単リンクに戻ってみると、楽天はすぐに提携されているのですが、Amazonは審査があるので時間がかかります。

提携申請する のままになってますね。

私の場合には、週末を挟んだので4日ほどかかりましたが、メールでAmazonも提携済みと連絡ありました。上のAmazon.co.jp も 提携済み となりました。

もしもアフィリエイトの簡単リンクのメリット

もしもアフィリエイトの簡単リンクでは、楽天とアマゾンの商品をまとめて一度に検索出来て値段などの比較が出来るのです。

その方法を紹介します。

まずは、もしもアフィリエイトにログインして、まん中あたりにある、「簡単リンク」をクリックして下さい。

次の画面では、「かんたんリンクを使ってみる」をクリックします。

次の検索ボックスでキーワードを入力して「検索」ボタンをクリックしてください。

最初は、ケーキと入っています。

自分の欲しい商品のキーワードを入れて検索してみます。

この画面で、一度に比較できるのは良いですね!

一度の検索で、楽天Amazonの欲しい商品を一緒に検索できて、値段の比較も出来るのはとても使い勝手が良いですね。

楽天Amazonのそれぞれサイトで最安値を出してから比較する手間が省けますね。

検索しても、一度に切り替わらない場合には、楽天なら赤枠の中、Amazonならば青枠の中をクリックして、再度検索ボタンを押します。
商品の型番がわかっている場合には、型番を入力して検索したほうが再度検索する手間が省けて効率的です。

もしもアフィリエイトの利点として、ダブル報酬制度で10%アップや成果金額が1,000円以上で振り込まれたり、振込手数料も無料などの嬉しい制度があります。

もしもアフィリエイト楽天Amazonの商品リンク作成方法

「選択する」をクリックして商品を選択します

② Amazonからも商品を選択します

「種別」「画像のサイズ」を選択します。

アフィリエイトリンクを作成」をクリック

アフィリエイトリンクを作成」をクリックすると以下のようになります

ソースの部分を自分のホームページに貼り付けます。

WordPressならば、テキストモードにして貼り付けです。

はてなブログならば、HTML編集に貼り付けです。

これで楽天Amazonの一つずつの商品紹介リンクを作成することが出来ました。けれど、一度に紹介出来たほうが便利ですよね。そこでカエレバを設定して一度に紹介出来るように設定してみることにしました。

もしもアフィリエイトでどこでもリンクを作成

サイドバーに楽天のどこでもリンクを貼る

もしもアフィリエイトに登録したので、楽天市場のリンクをサイドバーに登録してみる方法をやってみたので紹介します。

これは、特定の商品を貼る場合にも、同様なやり方となります。

まず、もしもアフィリエイトのトップ画面から楽天市場 商品購入と入力して右側の検索ボタンをクリックします。

2件検索されました。下の楽天市場 商品購入(モバイルも可)/楽天株式会社を選択します。

右側の広告リンク取得をクリックします。

沢山のバーナーが出てきます。

ご自分の好みのバーナーを選択して、どこでもリンクで作成をクリックします。

  1. どこでもリンクを作成する をクリック
  2. ソースコードをコピーをするにはCtrl + Cを押します。

 

WordPressのサイドバーへの登録方法

管理画面から、外観→ウィジェット

テキストをサイドバーウィジェトにドラックします。

テキストの内容は、タイトルを楽天市場としました。

内容の部分には、もしもアフィリエイトのどこでもリンクで作成したソースを貼り付けします。Ctrl + Vを押します。

すると、サイドバーに楽天市場の画像リンクが出来ました。

はてなブログの場合

ダッシュボードから、デザインをクリックします。

  1. カスタマイズ→サイドバーをクリック
  2. モジュールを追加をクリック
  3. </> HTML  をクリック
  4. もしもアフィリエイトのどこでもリンクで作成したソースを貼付ます。

    Ctrl + Vを押します。

はてなブログの場合、タイトルに文字を入れると吹き出しの見出しがつきます。

真っ白い灰になった娘

f:id:jr0704japan:20170514160943j:plain

娘と一緒に初のチーム朝練参加

昨日の七夕練習でオヤジは崩壊中。

しかし、久々の二度寝が出来て睡眠時間は7時間。

ありがとうフランク!  良く寝れたぜ (▰˘◡˘▰)

で、今日は娘とポタポタでチーム朝練に参加

女の子なので、出るまで時間がかかる

ショップまでは、間に合わず途中の信号からチームの集団の後ろにつかせて貰う。

安芸大橋まで持つかな?

マウンテンに乗って来ている重役とハタッチ。

だから、アップ区間は、ゆっくりかなと思っていたら、追い風もあって30キロから35キロ。

でも、運動靴娘はちゃんと着いていた。娘と並走しながら、離れないように激を飛ばす!

太田川北向き平地

ここからは、追い風で皆さん、ぶっ飛ばすのでスタートで、まず着き切れない。

マウンテン組も40キロオーバーなのに着いていった (゚ー゚*?)オヨ?

番長が娘の後ろに着いていてくれて、サンドイッチ状態で安佐大橋まで。

信号待ちで、またまた集団に合流。

歩道区間はゆるめなので、なんなくクリアー。

高瀬堰でフランクと合流。昨日の疲れはないみたい   ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ʃ

なんとか、可部大橋まで集団と共に (*´゚ω゚ノ【Ё】゙

馬坂45キロ

信号からダッシュが始まり

娘につけー!

と、言ったら本当に集団後方のフランクの後ろについて走っている (*’v’)ゝラジャッ!!

しかも、爆速45キロ。ええっー

と、思って娘の後ろまで。

で、坂の勾配が始まると流石に後退

あとは、二人でポタポタと

ちょっと落車

峠は、パスしてアタック坂の頂上で二人で待ちます。

逆走で、Mさんと合流。すでに安野まで行ってきたとか。

集団が来るのが見えたので、娘とユルユルと走りだす。

で、ここで私のポケットからお菓子が落ちて、娘が”なんか落ちた”という声で

ほんの少し減速になったときに、ホイールがぶつかり合い、娘は落車

頭を強打したようですが、皆が止まってくれて

大丈夫ということで、娘と後ろの何人かが、一緒に走ってくれて船まで

ご迷惑をかおけました。一緒にゆっくりと走ってくれた方々ありがとうございました。

これで、娘も頭が良くなることでしょう (*・ω-)b ОК☆

船から二人で帰還

向かい風の為、娘と二人で早めに出て走りだします。

しかあし~、何キロもいかないうちに集団ハズカム。

娘に集団が通り過ぎる時に

全力で踏めー!  力いっぱい踏めー!

はやすぎー!

 

WOさんが、ゆっくりと前で走ってくれて、信号では後ろからマウンテン組が到着。
マウンテン組には、おいていかれて、WOさんと話しながら、可部大橋まで

太田川TT区間

信号アタックは、匠 (。ゝД・)b オッケィ牧場!!

フランクが続いて、何やら40キロ軽トラじいさんが、アシストしたようで

Mさんに、先行していた匠おいつかれいる

マウンテン組と共に、なんとか娘とショップまで

パンク修理材を入れる為の、サドルバッグお買い上げ。

しかし、娘も私もWOタイヤのパンク修理はやったことない

誰がなおすんだ

4人で帰還

帰りは、追い風でなんとか帰りました。

坂をもう、登れないほど、疲れた娘は、救護車のヘルプで帰りました。
さすがに、真っ白い灰になってました。

 

全力で自分の力を100%出すということは、日常生活では中々ないと思います。

これで、スポーツに目覚めてくれれば良いかなと……思います。

またも、審査落選。ブログタイトルを考えるの巻

f:id:jr0704japan:20170512214430j:plain

もしもアフィリエイト審査落選

もしもアフィリエイトに登録して、サイトを審査して貰っていると以下のような、どこかでみたような、メールが

 

もしもアフィリエイトからの悪夢のメール

 

大変恐縮ではございますが
過日もしもアフィリエイト
ご登録頂きました下記サイトの
登録を削除させて頂きましたので
ご報告申し上げます。

50代でもネットで稼げるのか検証ブログ
http://chan50.hatenadiary

該当サイトは下記のいずれかに該当したため
弊社側でサイト登録の削除を
実施させて頂きました。

・サイトが存在しない、もしくは、
  文章・画像等のコンテンツが存在しない
  (※1)


・正常にアクセスできない
  (閲覧にパスワードなどが必要)

・アダルト商品等の掲載を含む
  公序良俗に違反する

・一部消費者に誤解を与える可能性を含む
  (情報商材など)

・ご自身が所有されていないことが明らか
  あるいは不明

著作権法に違反またはその恐れがある

・肖像権、パブリシティ権に違反または
  その恐れがある

・他、法令に違反またはその恐れがある

・もしもがアフィリエイトサイトとして
  相応しくないと判断した

 

またかよー (((●´ω`q)ンー・・・

 

あー、やっぱり画像かなー

 

いやいや、ブログタイトルの稼ぐが悪いのではないかなあー

 

 

タイトルに対するものなのか

で、以下をぐっぐっていて発見

www.smartnews-ads.com

こちらは、スマートニュースのタイトルらしいのですが

以下が良くないとか

強調表現で審査NGとなる文言例

注意を引く文言は全て審査NGとなります。
- 速報
- 衝撃
- 急募
- 必見、10代必見、経営者必見
- 必携、社会人必携
- オススメ
- 朗報、超朗報
- 熱狂、100万人が熱狂
- 注意、やりすぎ注意
- 限定
- ハマりすぎ、ハマる、ハマり過ぎ注意
- 当たる
- 熱狂、世界中が熱狂
- 急増中、ご愛用者急増中
- 今だけ、今だけ半額
- 安心
- やばい、ヤバ、激ヤバ

 

ああー、なんとなく稼ぐもはいりそう

 

これは、日本ブログ村に続いての審査不可なので、ええ加減ブログタイトルを変える時期なのかなあ~。

今さらねえ  (((oノД´;q)))ウ─

 

ひとつずつ該当項目を検証

・サイトが存在しない、もしくは、
  文章・画像等のコンテンツが存在しない
  (※1)

 

50代でもネットで稼げるのか検証ブログ
http://chan50.hatenadiary

 

まずは、上をクリックしてみると なんと

 

f:id:jr0704japan:20170512205509j:plain

 

あれれれれっ はてなブログのurlって ハテナ??

 

f:id:jr0704japan:20170512210015j:plain

 

管理画面から見てみると、あらららら

http://chan50.hatenadiary.jp

 

が、本当のアドレスなのね

とほほほほほっ

 

そりゃあ、審査しようがないよね (*´―――――`)ン?

 

しかし、アマゾンの審査は少し厳しいので、ちょつと目につく画像だけ直してから、再度申請してみます!

 

と、思ったけど、メンドクサイので、明日また、申込してみます!